日本運搬車両機器協会

新着情報

第1回キャスター部会Bチーム会議開催2010年12月
【日時】12月14日14:00〜16:00 ハンマーキャスター(株)会議室にて

【議題】
JIS S1038「事務イス用キャスター」JIS B8922「産業用車輪」
JIS 8923「産業用キャスター」の見直し
@会議議長の選出―ハンマーキャスター昆布氏に決定
AJIS原案作成公募制度 23年6月30日締め切りに向けて準備する
B見直し作業―ISOとの整合性に関して
   サイズ→JIS+ISOを合わせたものへ
  試験方法→ISO3種の試験を全てすべきか、そのうちのいずれかをJISの試験の中にも組み込むか、今後の課題とする
CJIS S1038
   JISにおける試験条件の見直しを行う
   JISにISOとの統合性を追加していく
DJIS B8923
   JISの寸法にISOの寸法表を重ね合わせる
   JISの試験方法の再検討―ISO企画に準じた試験方法への対応検討
第3回リフト部会開催2010年11月
【日時】11月18日15:00〜16:30 京町産業車輌(株)本社にて

【議題】
@JIS B8926(1995) ハンドリフタ
  前回に引き続き、5.8昇降性能より見直し
Aハンドリフタ解説
  リフタの種類2種類追加(手動・電装ネジ形ハンドリフタ)
第2回ハンドトラック部会WG会合開催2010年10月

【日時】10月23日13:30〜15:30 花岡車輌(株)本社にて

【議題】
@JIS8920の見直し
運行性能、そで及び取手の強度、組立精度
防止精度に関して討議
A製品の呼称 5輪仕様を加え、車輪配置記号をT5とする
Bハンドトラックサイズ、最大積載荷重にあてはまらない数値もある。―再度検討する
Cアルミ製、樹脂製なども現行JISの対象にする

施設見学会及び懇親会が10月13日〜14日に関西で開催2010年10月

22年度施設見学が10月13日と14日に関西で行われた。 今回は14名が参加、初日は以下のスケジュールで行われた。

12:00 JR新大阪駅集合
13:00〜14:30 大阪府立工業技術研究所見学
15:00〜 堺界隈見学後に仁徳天皇御陵見学
15:10〜 自転車博物館見学
15:30〜16:15 妙国寺
17:30 有馬温泉 向陽閣着

●懇談会
宿泊地の有馬温泉 向陽閣では到着後、懇談会が開かれた。
吉田晴一車輪・キャスター部会長の司会進行で開かれ、開会の辞は荒谷淳司副会長、
その後に花岡徹会長が挨拶した。
乾杯の音頭は雄島耕太車輪・キャスター副部会長が発声した後に懇談に移り、
終始なごやかなムードで旅の疲れを労い、中締めは吉田晴一部会長が行った。
翌14日は、ゴルフ組と自由行動組に分かれ、その後流れ解散となった。

第1回キャスター部会開催2010年10月

【日時】10月1日16:30〜18:00 「オ・セイリュウ」(大阪)にて

【議題】JIS S1038、JIS B8922の見直しに関して、今後、具体的検討を東日本(Aチーム)・西日本(Bチーム)に分けて検討する

国際総合物流展2010開催2010年9月
当協会が主催団体として名を連ねる「国際物流総合展2010」が 9月14日から17日までの間、東京ビッグサイトで開かれた。
花岡徹会長は開会式のテープカットに続き、開会レセプションにも参加、 当協会の存在感をアピールした。
第2回ハンドトラック部会開催2010年9月
【日時】9月15日 12:30〜14:00 東京ビックサイト会議室にて

【議題】
@第1回WGの報告書及び今後の会議スケジュールの確認
A取扱説明書の統一化
Bロールボックス(パレット協会管轄)ショッピングカート(未分類)
   今後JISハンドトラックの対象にして行くかの検討
第2回リフト部会開催2010年9月
【日時】9月15日 10:00〜11:30 東京ビックサイト会議室にて

【議題】JIS B8920(1995)ハンドリフタ5.8昇降性能以降の検討
第2回企画運営委員会は9月15日に開催2010年9月
9月15日、15時より日比谷・松本楼にて開催。 花岡委員長から今期の活動に当たり、下記の内容が確認された。
1.各委員会報告

●企画運営委員会
@定例の企画運営委員会は、下期1月(第4回)と3月(第4回)に開催する(花岡委員長)
1月は新年の賀詞交歓会(1月下旬予定)の開催時の前に開く。
なお3月は経産省・自動車課との交流日に行う。

A協会の施設見学会、講演会は当面、蒲ャ通研究社の主催の定期施設見学会・講演会に参加実施する。
これらの主催において流研の配慮により、当協会の会員は一般料の15%割引となった。

B23年度の新年賀詞交歓会を1月下旬に日比谷・松本楼で開催予定。開催予定日は他団体との調整後、
早めに決定する。 続いて各委員長から下記の報告があった。

●広報委員会
今回の国際物流総合展において当協会のブースに集められた名刺をコピーして各社に送る。
また花岡会長から、野田広報委員長が9月末で鰍くだ屋技研を退社されるため、当面は清水副委員長に
代行してもらうことを報告。

●総務委員会
慶弔企画の改正を確認、次回の理事会で承認される予定(家倉副委員長)。

●技術委員会
昨年から部会活動が活発化し、委員会もそれに対応できるよう各部会と密に連絡を取っていく。
当面はJISの見直し、ISOの対応を進める(山田委員長)。

●組織委員会
入会候補会社5〜6社を見込み、具体的に社名が上げられた。
目標の50社に向け一歩一歩進められている(荒谷委員長)。

2.各部会からの報告
・ハンドトラック部会
JISの見直し、来年以降に改正の予定。近々に部会内にワーキンググループを設置する(花岡部会長)。

・車輪キャスター部会
10月1日に今後のあり方を決める(吉田部会長)。

・リフト部会
7月に討議した「ハンドリフトマスト付き」JISの見直し、11月中に最終まとめを行う(大野部会長)。

3.65周年記念行事について
JMHAの一般社団法人化への検討を開始する。
念願の法人化を創立65周年目に成し遂げることは、最大の記念事業となる。
今後、理事会に提案を行う。

4.その他
@23年度新年賀詞交歓会の開催と日時
A会員懇談会の開催の再確認(本誌9月号に掲載済み)
B広報委員長の後任について
当面、清水副委員長が代行、次期総会で新たな人事で決める。

以上の議題で企画運営委員会は進行、16時45分に終了した。
また、同会場で17時から経済産業省・自動車課との懇談会が開かれた。
はじめに飛矢崎課長補佐より約20分間の公園をしていただき、その後1時間程度
和やかに懇談が行われ、18時30分に終了した。

第1回ハンドトラック部会WG会合開催2010年8月
【日時】8月25日 13:30〜15:30 花岡車輌(株)本社にて

【議題】
@「JIS B8920(1993)ハンドトラック」の見直し
    見直し検討項目―最大積載質量、品質(概観・接合部・運行性能・始動性能試験)に関して
A取扱説明書の統一化
B消費者安全法、NITE等の基本的な事項の調査をしていく。
第1回企画運営委員会は8月19日に開催2010年8月
8月19日、事務局の花岡車輌(株)3F会議室にて、会長、両副会長、各委員会委員長が出席のもと第1回企画運営委委員会が開催された。
【議題】
1.各委員会、部会の今期計画、及び進捗状況の報告
2.施設見学会について担当地区の大阪、ハンマーキャスター(株)吉田社長より報告
(実施日時)10月13日〜14日
(施設見学)ものづくり発祥の地、堺地区の見学
3.物流展、協会小間の運営について
協会員出展は7社、会員のカタログ展示の実施
第1回ハンドトラック部会開催2010年7月
【日時】7月15日 15:00〜17:30 花岡車輌(株)本社にて

【議題】
@今後の部会の進め方 ワーキンググループで実務的作業実施。
A22年度事業計画検討
B各社ハンドトラック製品調査報告
CJISとAISとの結合化
D安全対策、消安法に関して
第1回リフト部会開催2010年7月
【日時】7月8日 10:30〜12:00 (株)スギヤス東京支店にて

【議題】JIS B8926(1995)の見直し検討
平成22年度定時総会は5月26日に開催2010年5月
5月26日、松本楼(日比谷)にてpm3:15より定時総会が開催された。
【議題】
1.2009年度事業報告、及び収支報告
2.2010年度事業計画案及び収支予算案
3.役員改選
上記議題1.2共満場一致で承認、役員は花岡会長他、全員再任とし、副会長に神戸総務委員長の昇格が承認された。
尚、総会終了後、業界関連団体、また経済産業省・自動車課の飛矢崎課長補佐をお迎えし交流会が開催された。 
第5回企画運営委員会は3月15日に開催2010年3月
3月15日、松本楼(日比谷)にてPM3:00より各委員長、各部会長出席のもと第5回企画運営委員会が開催された。
【議題】
1.2010年事業計画案
2.各部会活動報告
3.役員改選、物流展etc
尚、企画委員会終了後、同場所にて経済産業省自動車課の飛矢崎課長補佐をお迎えし運営委員との交流会が開催された。
第3回リフト部会開催2010年3月
【日時】3月15日 13:00〜14:45 松本楼(日々谷)にて

【議題】
@テーブルリフト付ハンドトラックについて
   JIS B8925の適用範囲―電動手動を含まず、油圧のみを対象とする。材質に関しては各社にて対応。
Aマスト付電動走行機種に関し、協会外のメーカーにも出席してもらい議論する。
第2回リフト部会開催2010年1月

【日時】1月27日 松本楼(日比谷)にて

【議題】
@ハンドリフターについて
― 種類が多いため分類をどうするか
― 安全性をどうするか
― 電動走行に関する定義について
AJIS B8925「テーブル付ハンドトラック」及びJIS B8926「ハンドリフター」の見直しを次回から行う。
平成22年新年賀詞交歓会開催2010年1月
1月27日、松本楼(日比谷)にて経済産業省の飛矢崎課長補佐をお迎えし、
来賓を含めて総勢42名の参加で盛大に開催された。
第4回企画運営委委員会は1月27日に開催2010年1月
1月27日、松本楼(日比谷)にて第4回企画運営委委員会を開催、下記の件について審議された。
【議題】
     
  • 第5回企画運営委委員会及び経済産業省交流会の開催日程の件
  • 平成22年度事業内容検討の件
  • 各部会報告
ウェブサイトをオープン致しました。2010年1月
平素より格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
物流現場におけるMH(マテリアル・ハンドリング)のなかで荷役運搬車両技術の革新と品質、作業環境、管理技術の向上並びに
グローバル化への対応そして会員相互の情報交流をより一層推進、発展を果たすことを目的とし、この度ウェブサイトを
リニューアルオープン致しました。 皆様のご賢察を賜りますとともに、ご協力ご理解を賜りたく、ここにお願い申し上げる次第です。
平成22年1月
日本運搬車両機器協会 Japan Material Handling Association

ページの先頭へ